超美麗UI高速開発ツール”WaveMaker”で作ったサンプルアプリを簡単にデプロイできた

Wavemakerの第4回目です。前回は、英語のチュートリアルを読み始めたけど途中で飽きてしまったので、試しにシンプルなマスタメンテナンス画面を作ってみました。記事にはスクショを貼ったので長くなりましたが、実作業時間は十数分程度でした。

こうしたツールを試す場合、どんな機能が作れるのか?に注目しがちですが、デプロイするときの具体的な作業とか、機能を作り込む以外のプロセスについて、見落としてしまったり、割と軽視しがちです。

というわけで今回は、前回作った機能をデプロイする方法を試してみたいと思います。

日本語の情報が殆ど無い高速開発ツール”Wavemaker”で遊んでみる(準備編)
以前の記事でみつけた海外の高速開発ツール"Wavemaker"が、非常にキレイなUIで気になったので、コレでちょっと遊んでみようと思います。公式サイトにあったサンプルはこんな感じ。ステキです。Wavemakerって何?W
超美麗UI 超高速開発ツールWavemakerで遊ぶために英語のマニュアルをさくっと読もうと思ったけど飽きたから何か作ってみる
前回、WaveMakerで遊んでみようと思ったけど行き詰まってしまったので、まずはマニュアルを読んでみます。漠然と読んでもナンなので、大事そうなところを日本語でメモってみようと思います。チュートリアルを読む前回の記事にも書きましたが、チュー

WaveMakerからメールが届く

暫く放置していたので、WaveMakerからメールが届きました。

WaveMakerはいろんなことができるよ。詳しくはドキュメント読んでね。製品のことや価格について疑問があればこのメールに返信してね。(意訳)

本当はミリシタの予習で忙しいんだけど、連休で他にやることもないので、前回の続きを試してみます。

https://app.famitsu.com/20170502_1037447/

 

【ミリシタ】事前登録20万突破特典MV『Precious Grain』(720p60)
【ミリシタ】事前登録20万突破特典MV『Precious Grain』(720p60) 720p60fps(59.940fps)です OFAの時みんなで「あーくるくる」とか言ってた振付からだいぶ変わりまし...

さっそくログイン

さっそく、前回作ったプロジェクト”hinoki“を開きます。

ログインすると、こんなメッセージが表示されます。

f:id:cycle8b:20170503044601p:plain

残り18日だそうです。テンション下がるわぁ。。。

さっそくデプロイ?

マニュアルを読むまでもなく、ちょうど”DEPLOY”というボタンがあるので試しに押してみると、デプロイが始まりました。

f:id:cycle8b:20170503050519p:plain

数秒で処理が終わりました。結果を確認したいところですが、”Manage Deployed Apps”というリンクがあったので、コレを押してみます。

f:id:cycle8b:20170503050649p:plain

すると”Deployed Apps”という別画面に切り替わります。ここでデプロイに関する諸々の作業ができそうです。いい感じ。

f:id:cycle8b:20170503050855p:plain

デモ環境の”push”ボタンを押せば本番環境にデプロイしてくれそうな雰囲気なので、押して見ると、メッセージが表示されました。

f:id:cycle8b:20170503051342p:plain

Configure Live phase before pushing from DEMO

先に”Live phase“の設定をしろと。”Live phase“って何でしょうか?一般的に使われてる言葉?文脈的には本番環境の意味なんでしょうけど。

“Live phase”の設定

とにかく設定しないと先に進まないので、”CONFIGURE“ボタンを押してみます。

f:id:cycle8b:20170503051930p:plain

すると、AWSかWaveMakerのクラウド環境かを選択する画面が表示されます。WaveMakerの環境の方は

NO SLA, NO BACKUPS

と書いてあります。お遊びなのでWaveMakerを選択します。

すると、セットアップが始まって・・・

f:id:cycle8b:20170503052426p:plain

1分くらいで”Live”環境ができあがりました。サクサクです。

f:id:cycle8b:20170503052516p:plain

“Live”にPUSH

改めてデモ環境の”PUSH”ボタンを押して、”Live”環境に反映させようとすると・・・

f:id:cycle8b:20170503052816p:plain

・・・なんか色々設定できそうですが、そのまま”PUSH”します。

デプロイが開始されて・・・

f:id:cycle8b:20170503052912p:plain

数秒で完了しました。ちゃんと測ってなかったです。すみません。早かったです。

f:id:cycle8b:20170503053010p:plain

結果確認

“Live”環境にカーソルをあわせると、”OPEN URL”と表示されるので、開いてみると・・・

f:id:cycle8b:20170503053207p:plain

ちゃんと、見覚えのある画面が表示されました。

f:id:cycle8b:20170503053604p:plain

“HISTORY”のタブで、デプロイの履歴も表示されます。便利そう。

f:id:cycle8b:20170503053710p:plain

今日のまとめ

  • デプロイがサクサク簡単
  • 管理画面が便利そう
  • Live phaseって何だ?
  • ミリシタ楽しみ

次回やること(案)

  • 他の機能を追加してみる
  • REST-APIを使ってみる
  • ミリシタ楽しみ
Recommended
こんにちは。プライベ…