いま話題の退職代行サービスを整理・比較した

退職コストが高い職場で働く人のための<退職代行>という選択肢

近年、退職代行のサービスが増えています。メディアで取り上げられる機会も増えておりますが、そのサービスの品質は千差万別だし、どう選んだら良いのか、実態がよくわかりません。

この記事では、そんな海千山千の「退職代行サービス」について、比較・調査した結果をご紹介します。

ところで、退職代行サービスって何だろう?

退職代行とは、労働者が会社を退社しようと思ったときに、労働者に代わって、会社との退職の手続きを進めてくれるサービスです。近年、メディアで取り上げられる機会も増えて、さまざまな会社で退職代行のサービスの提供を始めています。

期間の定めのない労働契約(いわゆる、普通の正社員の雇用契約)の場合、2週間以上前に退職の意思を示していれば自由に退職することが、民法627条に定められています。もし、会社の職務規定に「退職の申し出は2ヶ月前に申請」などと書かれていても、それはあくまでも「会社の中の決まりごと」でしかなく、この民法627条が優先されます。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

期間によって報酬を定めた場合には、解約の申入れは、次期以後についてすることができる。ただし、その解約の申入れは、当期の前半にしなければならない。

六箇月以上の期間によって報酬を定めた場合には、前項の解約の申入れは、三カ月前にしなければならない。

しかし、これだけ世間の目が厳しい時代になったにも関わらず、ブラック企業と呼ばれるような会社も未だ多く存在し続けています。

退職を申し出ても長時間会議室で説得されたり、強い口調で詰問されたり、ひどい場合は退職届をその場で破られたりするような職場もあるようです。物理的にも精神的にも退職の手続きを進めるが困難な場合、こうした退職代行サービスを利用して退職の手続きをスムーズに進めることで、時間を節約したり、ストレスの軽減を図ることができます。

退職代行サービスの種類

弁護士

退職代行サービスには、大きく分類すると『弁護士』『労働組合』『代行業者』の3種類があります。

ひとことで『退職代行』といっても、労働者のかわりに『退職の意思を伝える』だけでなく、未払い給与や、退職日の交渉などが必要になる場面もあるでしょう。ただし、このような交渉は、弁護士法72条によって、弁護士以外の者が行うことを禁止されています。

 第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

(譲り受けた権利の実行を業とすることの禁止)

 このような会社との交渉事が予想できる場合、最初は代行業者に依頼しても、結局弁護士に依頼することになります。コスト的にも手間・時間的にも、最初から弁護士に依頼するのがベターといえるでしょう。

退職代行業者

『退職代行』としてメディアに登場したり、多くの人がイメージするのはこの種類のサービスになるでしょう。

前述の弁護士と違い、あくまでも依頼者に代わって事務手続きのサポートをしたり、会社へ退職の意思を伝えるサービスであって、会社と給与・退職金・有給等の交渉はできません。

一般的には弁護士に依頼するよりも、費用がかなり安く抑えられており、また退職できなかった場合には全額返金の制度を付けているサービスも多いです。

合同労働組合 または合同労働組合を持つ代行業者

前述の通り、退職代行業者は、会社との交渉ができません。

しかし現実には、退職代行を依頼せざるを得ないような会社を相手にする場合、給与・残業代・退職金の未払い・遅延があったり、有給の消化・退職日の設定についてさまざまな難癖を付けてくることが予想され、やはり交渉が必要になるケースが予想されます。

このようなニーズに答えるために、退職代行業者が合同労働組合を設立することで、弁護士法に違反せずに、会社との交渉を請け負うようなケースもあります。

退職代行サービスのえらびかた

近年、さまざまな退職代行サービスが、さまざまな会社によって提供されています。ごくごく最近目立ってきたサービスだということもあり、どのサービスが良いのか、どのように選べば良いのか、判断基準を持つのが難しいでしょう。

ここでは、退職代行のサービスごとに、『どんな人にお薦めか?』『サービスの特徴』『料金』『評判』をご紹介します。

退職代行 J-NEXT

このサービスについて

「退職代行J-NEXT」は、早く、安価に、簡単に退職をしたい方を応援する退職代行サービスです。

こんな人にオススメ

  • 費用をなるべく抑えたい人

特徴

低価格・追加料金なし

税込み\20,000-で追加料金ナシと、他社サービスに比べて低価格で利用できるサービスになっています。

返金制度あり

万が一、退職出来なかった場合には、全額返金する制度があります。

退職スターターキット進呈

印刷済の退職届や郵送封筒など、退職するのに必要な書類一式/押印+署名するだけの書類が詰まった『退職スターターキット(切手不要)』が郵送されます。

一度でも退職の手続きをしたことがあるかたはご存知かもしれませんが、書類の作成や郵送など、手間も時間もお金も掛かるので、この退職スターターキットはとても助かると思います。

会社及び代表者のネガティブな情報について​

J-NEXTの運営会社である株式会社J-NEXY 及び、2019年11月時点での代表者である石井 淳氏について、Google, twitter, facebookいずれも、検索結果の上位に、留意すべきネガティブな情報はありませんでした。

サービスの評判が著しく悪い場合や、不誠実な事業を営んでいる・詐欺的な行為を行っている場合は容易に悪い評判がWeb上で見つかりますが、そのような情報は見当たりませんので、少なくとも『著しく品質の悪いサービスではない』という推測ができるのではないでしょうか。

料金​

  • \20,000-(税込)

評判

現在、J-NEXT 利用者からの評判を集めています。

男の退職代行

このサービスについて

「男の退職代行」は、男性の退職代行に特化することで、男性のみを専門に扱うことで、特有の悩みに考慮し、辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ男性を退職ストレスから解放、「今よりも良い条件の仕事へ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。
(サービス運営者より)

こんな人にオススメ

  • 費用を抑えたい、あわよくば収支をプラスにしたい人。
  • 転職支援も受けたい人。

特徴

低価格・追加料金なし​

パート・アルバイトの場合は\19,800、正社員や契約社員の場合は\29,800と、比較的低価格で利用できます。また、追加料金が発生しないという点も安心できます。​

返金制度・転職祝い金

転職出来なかった場合の返金制度だけでなく、転職サポートを利用して転職に成功したときには、転職祝い金が最大で5万円もらえます。転職祝い金を含めたコスパは抜群です。​

20代、30代男性に特化したサービス

サービスの名称から分かる通り、20代、30代の男性に特化したサービスのようです。

会社及び代表者のネガティブな情報について​

男の退職代行の運営会社である合同会社SAC 及び2019年11月時点で"特定商取引法に関する表記"に記載されている鈴木 良典氏について、Google, twitter, facebookいずれも、検索結果の上位に、留意すべきネガティブな情報はありませんでした。(株式会社インクル 及び合同労働組合退職代行ユニオンの代表者は、同Webサイトに記載がありませんでした。)

サービスの評判が著しく悪い場合や、不誠実な事業を営んでいる・詐欺的な行為を行っている場合は容易に悪い評判がWeb上で見つかりますが、そのような情報は見当たりませんので、少なくとも『著しく品質の悪いサービスではない』という推測ができるのではないでしょうか。

料金​

  • \19.800-(税込み/パート・アルバイト)
  • \29,800-(税込み/正社員・契約社員など)

評判

現在、男の退職代行 利用者からの評判を集めています。

退職代行コンシェルジュ

このサービスについて

相談後、即日対応を開始することを謳っているサービスです。他社の最安価格帯のサービスに比べると若干料金は高めですが、対応の早さと成功率100%というサービス品質の高さに期待できます。

こんな人にオススメ

  • 多少費用が掛かってでも、一日でも早く退職したいかた。

特徴

追加料金なし

パート・アルバイトの場合は\39,800、正社員や契約社員の場合は\49,800と、低価格なサービスに比べると若干費用が高いように見えますが、2019年11月現在キャンペーンを実施中で、いずれも\30,000で受け付けているようです。

また、追加費用は一切かからないので、安心して利用できるのではないでしょうか。

即日対応

依頼したその日から、退職に向けた対応を開始するようです。他社でもオプションで即日対応するサービスもあるようですが、すべてコミコミなのは、見る限りここだけのようです。

なお、休日や深夜でも可能な限りチャット対応を受け付けているとのことですので、連日終電で帰宅するような勤務状況でも安心して問い合わせができそうです。

転職支援サービス

求人の紹介をしたり、キャリアの相談に乗ったり、提携している人材紹介会社を案内するサービスがあります。

会社及び代表者のネガティブな情報について​

男の退職代行の運営会社である合同会社SACについて、Google, twitter, facebookいずれも、検索結果の上位に、留意すべきネガティブな情報はありませんでした。

なお、同社代表者の氏名は、"特商法に基づく表記"のページには記載がありませんでした。別の情報系Webサイトに、同社代表者とされるかたの氏名の記載がありましたが、信ぴょう性に乏しいため、調査対象としておりません。

サービスの評判が著しく悪い場合や、不誠実な事業を営んでいる・詐欺的な行為を行っている場合は容易に悪い評判がWeb上で見つかりますが、そのような情報は見当たりませんので、少なくとも『著しく品質の悪いサービスではない』という推測ができるのではないでしょうか。

料金​

  • \39.800- \30,000(税込み/パート・アルバイト)
  • \49,800- \30,000(税込み/正社員・契約社員など)

評判

現在、退職代行コンシェルジュ 利用者からの評判を集めています。

汐留パートナーズ法律事務所

このサービスについて

こんな人にオススメ

  • 残業代や退職金の未払いなど会社とのトラブルを抱えているかた
  • 会社との複雑な交渉が必要なかた

特徴

弁護士が提供するサービス

….

グループに社労士がいる

会社及び代表者のネガティブな情報について​

汐留パートナーズ法律事務所 及び代表者の佐藤 秀樹氏について、Google, twitter, facebookいずれも、検索結果の上位に、信憑性の高いネガティブな情報はありませんでした。

サービスの評判が著しく悪い場合や、不誠実な事業を営んでいる・詐欺的な行為を行っている場合は容易に悪い評判がWeb上で見つかりますが、そのような情報は見当たりませんので、少なくとも『著しく品質の悪いサービスではない』という推測ができるのではないでしょうか。

料金​

  • 要お問い合わせ

評判

現在、汐留パートナーズ法律事務所利用者からの評判を集めています。

退職代行アルマジロ

このサービスについて

退職をしたくてもできない方に対し本人に代行して退職代行をします。

こんな人にオススメ

  • 少しでも早く退職したいかた
  • なるべく費用を抑えたいかた

特徴

安価・追加費用なし

最安とまではいかないものの、かなり安価に利用できます。また、 追加費用なし/対応回数無制限を謳っています。

返金保証制度付き

雇用主と連絡がつかずに代行不可、雇用主の連絡先が不明な場合に限りますが、費用の全額返金を明示しています。

24時間対応

夜間も専任のスタッフが24時間対応をしています。夜しか時間が作れなくて、どうしても電話やチャットで問い合わせたいかたには、助かるサービスではないでしょうか。

会社及び代表者のネガティブな情報について​

サービスの運営会社である 合同会社アースユニゾン  及び代表の 小川晋之介 氏について、Google, twitter, facebookいずれも、検索結果の上位に、信憑性の高いネガティブな情報はありませんでした。

サービスの評判が著しく悪い場合や、不誠実な事業を営んでいる・詐欺的な行為を行っている場合は容易に悪い評判がWeb上で見つかりますが、そのような情報は見当たりませんので、少なくとも『著しく品質の悪いサービスではない』という推測ができるのではないでしょうか。

料金​

  • 正社員・契約社員 \29,800
  • アルバイト・パート \25,000

評判

現在、退職代行アルマジロ 利用者からの評判を集めています。