全ての社内SEに警告する。あの憎っくきExcelマクロが、RPAに姿を変えて僕らの前にやって来たよ!!

釣りタイトル染みてるけど、半ば本気です。僕の考えが整理されきってないけど、モヤモヤを吐き出したかった。

KPMGコンサルティングによると、2020年には、RPAの市場規模が1兆4000億円になるとのこと。

https://japan.zdnet.com/article/35098999/

『○○コンサルティング』とか『市場規模』なんてキーワードが見えた時点で、警戒レベルが3つくらい上がっちゃいますねぇ。。。

f:id:cycle8b:20170626230723j:plain

繰り返す。全ての社内SEは『RPA』に警戒せよ。

ところで、RPAって何だ?

さて、そもそも、RPAって何でしょうか。

↓の記事でも書いたんですけど、

www.cycle-g.info

『業務部門が、セルフサービスで、認知技術を使って業務を自動化・効率化するためのツール』

らしいですよ。『認知技術』ってのが、なんだかイマドキっぽい ってコトなんでしょうか。

『認知技術』はさておき、『セルフサービス』と『自動化』。コレ、覚えておいてくださいね。

Excelマクロって何だ?

Visual Basic for Applications - Wikipedia

いまさらWikipediaで確認するまでも無いかと思いますが、長年みんなを苦しめてたのは、この部分。

またマクロ記録/再生という操作手順の記録/再生機能を使って、プログラムに関する知識が少ないユーザーでも、ある程度の定型業務の自動化を行うことができる。

おぉ。。。呪いの呪文ですねぇ。

2つの共通点は・・・。

はい。『セルフサービス』と『自動化』ですね。

・・・いや、他にもExcelマクロとかVBAのマズいトコロはいろいろ意見があると思うんですけど。ここでは『言語仕様がどう』だとか、『規約ナシで作りがちでその結果云々』みたいな話は置いとくとして。

Excelマクロって、なまじ『セルフサービス』で『自動化』できちゃうので、例えば・・・

  • 本来、要らないハズの作業まで、わざわざ自動化しちゃう。
    • 『現場の自主的な改善活動』ですね。
    • でも、真っ当な企画を経て、責任を持って『作る/作らない』の判断は、しないよね。
    • その結果、ゴミみたいなツールの山が。
    • ゴミの整理って、すごく大変なんだよ・・・。
  • 作った人じゃないとメンテできない。
    • 結局、手に負えなくなって、IT部門に放り投げられたり。
    • リファクタリング。。。には、時間取れないよね。

みたいなコトが起こりがちですよね。

・・・あれ、待てよ。これって、PPAでも同じことが起きるんじゃないの?

RPAの普及で、何が起きるんだ?

現状、無償で試せるツールには、Excelマクロほど簡単に『セルフサービス』で作れるプロダクトは無いように思います。

この先ツールが進化して、より簡単に『セルフサービス』が実現したとき、あるいは、ツールの進化を待たずに『RPA導入プロジェクト』なんかが始まっちゃって、オフィシャルにエンドユーザー向けのトレーニングなんかやっちゃうと、粗悪な『セルフサービス』による『自動化』が濫造されちゃうかもしれませんね。

ところで、そんなにたくさん『ホワイトカラーの定型業務』って、あるんですかねぇ?

ちなみに、僕が、ITベンダー某社から受けた事例紹介によると、

『毎朝、ニュースサイトの特定のキーワードに該当する記事を集めて、Excelに記事タイトル・URLを転記してメールで送る。』

って言ってたけど。。。何、その業務。ていうか、何、その会社。

あと、『同じ情報を複数の業務システムへ入力するのを自動化して、○○時間削減』って事例もあったけど。。。

根本的な解決手段じゃなく、『IT投資の予算確保できるまでの暫定的な手段』ってトコも、Excelマクロじみてる。

で、『定型業務』を『自動化』するための選択肢って、RPAだけじゃないよね?

本質的には『定型業務』なんだけど『定型業務』に変換しきれてないものって多いよね?ちょっと、上手い例が思いつかないんだけど。

で、その手の業務を『定型業務』に進化させたら、次は、本当にRPAの出番なんですかね?

・・・具体例ナシで話進めちゃったので、イマイチぱっとしない説明になってますけど・・・。

で、『RPAの襲来』に対して、僕らはどうするんだ?

とりとめもない話になっちゃったけど、まずは不安を吐き出したかった。もっと考えを整理したら、もう一度このテーマで記事を書きたい。

とりあえず、これから気をつけたいコトは、こんな感じ。

  • RPAベンダーやコンサルに騙されない。
  • 会社の爺サマたちが騙されないように、十分なインプットをしておこう。
  • もし導入しても、粗悪品が濫造されないように気をつけよう。
  • 『新聞切り抜き係』なんかじゃない、『RPAのうまい使い方』を考えておこう。

この記事は以上です。