日本語の情報が殆ど無い高速開発ツール"Wavemaker"で遊んでみる(準備編)

以前の記事でみつけた海外の高速開発ツール"Wavemaker"が、非常にキレイなUIで気になったので、コレでちょっと遊んでみようと思います。

www.cycle-g.info

公式サイトにあったサンプルはこんな感じ。

f:id:cycle8b:20170426112459p:plain

ステキです。

Wavemakerって何?

Wavemakerは、Wavemaker.inc社が提供する超高速開発ツール(low-code development platform)です。日本での販売代理店は(たぶん)無くて、日本語の情報は極めて少ないです。

WebとiOS,Androidのアプリにも対応しているようで、現在は8.X系が最新のリリースのようです。(まだ試してないので、『ようです』ばかりです。すみません。)

www.wavemaker.com

海外のレビューサイトでも、評判は上々でした。

https://www.getapp.com/it-management-software/a/wavemaker-enterprise1/www.getapp.com

※日本にも、I●Pro Activeとかキー●ンズネットみたいに、登録するとメールや資料がじゃんじゃか届くようなサイトじゃなくて、利用者の評価が見えるようなサイトがあると良いのですよね。

日本語の情報は?

日本語ドキュメントもありましたが、かなり古い(6.7)ものしかありません。さらに日本語の情報を探してたら、Qiitaに紹介記事がありました。

qiita.com

この記事によると、期間に制限のないフリー版が提供されているようなので、コレで遊んでみたいと思います。

準備してみる

準備・・・できない!?

早速ダウンロードするために、qiitaの記事に書いてあったURLにアクセス。

http://www.wavemaker.com/downloads/studio-desktop/7.8.0/wavemaker-studio-desktop-installer-7.8.0.jar

・・・が、このURLはget-startdのページにリダイレクトされてしまいます。

https://www.wavemaker.com/get-started/

30日限定トライアルしか無かった

気を取り直して、ダウンロードできるモノがないか探しますが、見当たりません。あったのは30日トライアルの"START FREE TRIAL"のボタンだけ。

・・・正直、30日限定だと、たいして何もやらないでいうるちに期限が迫って、焦って中途半端に遊んで消化不良・・・という未来が見えます。

以前の記事でも、期限の制約がないトライアル版を使おうと思って探していたので、ココで諦めようとも思いましたが、せっかくここまで調べたので登録することに。メールアドレスを入力します。

f:id:cycle8b:20170426110844p:plain

アカウントの登録とログイン

アカウントのアクティベートのためのメールが届くので、指示に従いクリックするとアカウントが登録されます。

↓のURLからログインすると、無事、ログインできました。

https://www.wavemakeronline.com/login/login

f:id:cycle8b:20170426111003p:plain

f:id:cycle8b:20170426111018p:plain

・・・残り30日です。

トレーニング

いくつか教材があるようなので、まずはコレをみながら、簡単なアプリケーションを作ってみようと思います。

WaveMaker Learn - WaveMaker

f:id:cycle8b:20170426111030p:plain

トレーニング用教材の内容や、実際にアプリケーションを作る過程については、また別の記事でご紹介したいと思います。

・・・あと30日以内にやれば のハナシですけど。