b-mobileからmineoに乗り換えたら月額800円くらい安くなって通信が8倍以上速くなった

先日、約2年使い続けたb-mobile(高速定額 音声付のプラン)から、mineo auプラン(データ容量5GB)に乗り換えました。通信速度は圧倒的に速くなったし、料金も少しだけ安くなりました。ここでは、そのときの手続きやスマホの設定、使ってみた感想などを詳しくご紹介します。

mineo.jp

乗り換え前後の比較

速度

速度(遅い時) 速度(速い時)
b-mobile 0.33Mbps 1.48Mbps
mineo 4.77Mbps 8.33Mbps

乗り換えの一番の理由です。b-mobileを使っていたときは、0.33Mbps~1.48Mbpsでした。朝とお昼時は特に遅く、Webサイトやメールの閲覧にも時間が掛かっていました。(画像の上から2行目~いちばん下まで)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cycle8b/20170319/20170319192816.png

一方で、mineoに乗り換えたら、4.77Mbps~8.33Mbpsになりました。計測サンプルが少ないですが、通勤時間帯やお昼時も、ストレスなく利用できています。(画像の4行目~5行目)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cycle8b/20170319/20170319192826.png

料金

料金
b-mobile \3,000-/月
mineo \2,190-/月

これまでは毎月3,000円(データ通信の上限なし・通話料除く)掛かっていました。SOFTBANKから日本通信に乗り換えたときには、これでも充分安くなったと思っていたのですが、mineoは5GBのプランで月々2,190円でした。

データ通信無制限のプランと5GBのプランを比べるのはフェアではないようにも思えますが、b-mobileは常に通信量の上限を超えたような速度しか出ていなかったので、これでもまだmineoに不利な比較だと思います。

手続きとスマートフォンの設定

SIMカードに同梱されていたマニュアルに加えて、サポートサイトに端末ごとの設定手順があるので、これを参考にネットワークの設定をして、特に問題なく終わりました。

mineo.jp

ただし、mineoの申し込みのサイトでは、住所・部屋番号がなぜか全角文字しか入力できず、マンションの部屋番号がとても入力しづらかったです。(結局、部屋番号を漢数字で入力しました。)

その他

mineoには、加入者同士でパケットをシェアしあえるフリータンクというサービスがあります。まだ使ったことはありませんが、出張続きで一時的に容量が足りないようなときに重宝しそうです。

フリータンク - mineoユーザーみんなでパケットシェア | マイネ王

mineoでは、mineoユーザー全員のパケット全体を大きなタンクのようなものと捉えて、ユーザーみんなで自由にパケットのやりとりをできるようにしたらきっと楽しくなるだろうと考えました。 それがmineoの”タンク”構想です! そして、全国のmineoのユーザーさん同士でパケットをシェアしあえる、それが「フリータンク」です。パケットを通じて、見ず知らずのmineoユーザー同士が、いつのまにか助け合える仲間になっている。そんなスマホ共同生活を、はじめてみましょう♪

このように、ユーザー同士の助け合いで成り立っている仕組みのようですが、mineoの掲示板を見る限り、常に容量が枯渇気味?だったり、タンクから常に引き出しっぱなしのユーザーがいて問題になっていたり、運営に対しての不満があったりと、いろいろ試行錯誤しているようです。

個人的には、とても助かるし面白いサービスだと思うので、今後も改善をしながらうまく運営していってほしいと思います。